アポ取りを積極的に行うためのテクニック

投稿者: | 2017年7月24日

アポ取りはネットワークビジネスの第一難所でもあります。
アポ取りが上手くできずにネットワークビジネスを諦める人は多いです。

私の周りで会社員の副業としてネットワークビジネスを始めたあとに、
アポ取りが上手くできずに早々とネットワークビジネスを諦める人は驚くほど多いのです。
なので、アポ取りを積極的に行う方法を知って実践することはネットワークビジネスで成功するために必要不可欠です。

そこで今日は、アポ取りを積極的に行うためのマインド的な話をします。

マインドを磨こう

アポ取りを積極的に行いたいのであれば、まずアポ取りをすることに対するご褒美を用意しましょう。
ニンジンが前につるされた馬のように、人間も褒美を用意されると自然と行動するようになります。

まずは、「10人に声かけしたらビールを買う」「20人に電話したら焼き肉を食べに行く」など、低い目標を立てます。

そして、どんどん積極的に行動できるようになったら、
次は「10人にアポ取りで成功したら居酒屋にいく」「20人からアポが取れたら時計を買う」というように、結果に対して褒美を用意するようにしましょう。

最初は、行動したという過程に対して褒美を用意しましょう。
わずかなことでも褒美を用意してやることで、積極的にアポ取りができるようになります。

危機感で行動

次は、褒美を用意するのではなく、危機感を作り出すようにしましょう。
簡単にいうと、アポ取りをしなかったらどうした良くないことがあるのか?ということを考えるのです。

例えば、「今アポ取りをしなかったら、毎日残業に追われる会社員を続けなければいけなくなるから、将来的に家族と過ごす時間がなくなる」
「年金が期待できない今、ネットワークビジネスで成功しないと、老後の生活が危なくなる」といったことなどです。

人間が行動するモチベーションになるのは、褒美などの報酬があるときと、危機感を覚えたときです。

そして、報酬よりも、危機感を覚えたときの方が行動しやすくなるのです。

想像してみてください。これをすれば10万円が得られるというときと、
これをしなければ自分が死ぬっておい場面があったとします。
わかるとおり、前者が報酬で後者が危機的な状況になります。

もちろん、10万円をもらえることも行動のモチベーションにはなります。
ただ、普通に考えて命の危機にあるときの方が間違いなく人間は行動します。

さらに、危機的な状況を考えるときは、過去に経験した嫌だったことを元に想像すればよいです。

例えば、「前の会社で残業しすぎたせいで、過労で倒れて命の危機に陥った」「お金がなくて毎日食べる物がなくて死にそうな経験をした」
「病気になったときにお金がなくて病院に行けず、死ぬ思いをした」などです。

人は、実際に経験したことであれば、リアルに想像できるため、より危機感を覚えることができるようになります。

そのため、過去の経験を元に危機感を覚える状況を作れば、よりアポ取りを積極的に行えるようになるのです。

リストアップ法

そして、最後に自分の強みをリストアップすると、アポ取りを自信をもって行えるようになります。自分の強みが明確になると、不安なく相手からアポを取れるようになるのです。

アポ取りをする際に重要なポイントの一つとして「相手に飲み込まれない」ということが挙げられます。特に、相手が年上や学歴が高い人である場合には、こうした不安を持つケースが多いです。

そうしたときに、自分の強みをリストアップしておけば、相手に飲み込まれないようになります。

立場が高い人からアポ取りをするとき、多くの人は相手に飲み込まれて丸め込まれます。
その結果、アポ取りに失敗するのです。確かに、そうした状況になるのは無理もないですし、私も経験してきました。

ただ、こうした状況であっても、自分の強みを明確にしておくと、相手に飲み込まれないようになるのです。

強みをずズラす

ただ、このときの強みには相手の専門とは別のことをあげるようにしましょう。

例えば、相手が大学教授で医学を教えている人に対して、健康に関する知識を強みとしてリストアップしていても無駄です。
大学で医学を教えている人に、体に関する知識で勝てるはずがありません。

ただ、そうした人であっても、ビジネスに関しては無知である可能性があります。

そうしたときに、あなたがビジネスに関してちょっとでも勉強していれば、相手よりも強みになります。
この強みは、相手よりもちょっとだけ専門的であればよいのです。

こうした相手にない強みをリストアップしてからアポ取りを行うと、
どれだけ権威がある人に対するアポ取りでも、積極的に行えるようになるのです。
これは、実際に私も経験したことです。

私の場合は、さっきの例と逆で、経済の専門家である人に対するアポ取りのときに、健康系の強みをリストアップしてアポ取りに望みました。

たったこれだけのことですが、驚くほど自信をもってアポ取りをできるようになるのです。

以上に挙げたポイントをしっかり押さえた上でアポ取りを行えば、どんどんアポ取りができるようになります。
ネットワークビジネスでは、こうしたマインドセット的なことが非常に重要なのです。

カテゴリー: MLM