ネットワークビジネスのアポ取り時のタイプ別の接し方

投稿者: | 2017年8月7日

ネットワークビジネスでアポ取りをするときに、
相手のタイプを考慮した接し方をすることは大切です。
当然ですが、人間は1人ひとり特性が違うため、同じように接していてはいけません。

相手のタイプを考えてアポ取りを行うと、アポ取りは上手くいくようになるのです。

そして、ネットワークビジネスでアポ取りをするときの相手のタイプは、ある程度決まっています。
ですので、そのタイプごとのアポ取りポイントを理解しておくと、
ネットワークビジネスでのアポ取りに成功しやすくなります。

今日は、会社員で副業としてネットワークビジネスをやっている、
私なりにアポ取り相手のパターンわけをして、そのパターンごとのポイントを述べます。

目標があいまいなタイプ

ネットワークビジネスでアポ取りする相手に多いのが、「目標があいまいなタイプ」です。
こうしたタイプの人たちは、現状も理解できていないし、
将来に対する危機感ももっていない人たちになります。

例えば、「今後の目標とかあるの」と尋ねても、
「いや、このままで何とかなるだろうと思っているよ」「そのときはそのときだよ」など、あいまいな答えが返ってきます。

こうした人たちに対する第一ステップは、現状や将来に危機感をもたせることです。

例えば、「どんどん税金が上がっていくけど、このままで将来の貯蓄とか大丈夫?」
「私たちが退職した後は年金がもらえるか不確かだけど、年金がなくても生活できるような準備はしているの?」など、
相手の不安をあおるような話をします。

そうすることで、まずは相手に対して「このままでは良くない」ということを実感させることが重要です。

夢や目標があいまいなタイプ

また、相手が若い人であれば「夢や目標を持つことの重要性」を訴えることも有効です。

例えば、「夢や目標がない人は○○のような人生を送る可能性が高くなるよ」
「夢や目標をもって生活すれば、人生が凄く楽しくなる」という話をします。

こうしたタイプの人たちは、「私は成功する人間ではないから、今のままでよい」という考えを持っている傾向にあります。

そのため、現状を正確に把握できずに夢や目標があいまいになっているのです。

こうしたことからも、夢や目標があいまいなタイプの人は、
まずは危機感をもたせるようなアプローチをするようにしましょう。

現状を変えたいと思っているタイプの人

次は、「現状を変えたいと思っているタイプの人」です。いってしまえば
「お金がないから副業をしたい」「会社を辞めて独立したい」「家を建てるためにお金をもっと稼ぎたい」といったように、
何かを変えたいと思っている人たちです。

こうしたタイプの人たちには、ロバート・キヨサキ氏の話に出てくるESBIの話をするとよいでしょう。

Eとはサラリーマンのことで、働いた分しかお金がもらえない立場にある人たちのことを指します。
Sは個人事業主で、整体院や病院などを個人で経営している人です。
Bは社長で会社を経営している人で、Iは株や不動産などでお金を儲けている人たちになります。

どうにかして現状を変えようと考えている人の多くは、
EからEへ転職したり、EからSへ独立したりしようとします。

しかし実際には、経済的にユタカになるためには、BやIに行かなければいけないのです。
EやSが自分が働いてお金を作り出す立場にあるのに対して、BやIは仕組みからお金を生み出す方法です。

世の中の経済的に豊かな人のほとんどは、BかIにいるのです。

ネットワークビジネスは初期投資もかからずBになれる可能性があるビジネスです。
しかも、ネットワークビジネスで成功すれば、Iに移ることも十分出来ます。

ですので、転職や個人事業主になることのデメリットやネットワークビジネスで
Bに移ることのメリットをしっかりと話すことで、
こうした人たちはネットワークビジネスに参加しやすくなるのです。

ネットワークビジネスを行っている人

最後が、すでにネットワークビジネスを行っている人です。

ネットワークビジネスをやっていると、必ずと言っていいほど登録した主宰会社に不満をもつ人に出会います。
そうした人たちも、ネットワークビジネスでアポ取りをする対象になるのです。

しかも、こうした人たちは、成功したことがないケースがほとんどであるので、
「本当に成功できるのか?」という疑いを強く持っています。

そのため、こうした人たちに対するアプローチは、
「私が登録している会社に入れば、実際に成功した人たちに会って、成功のノウハウや思考を知ることができる」ということを伝えます。

そうすることで、今の会社だけじゃなく、外の世界も見る重要性に気付かせてあげるのです。

そして、相手が「えっ成功した人に会って話を聞けるの?」と興味を持てばこっちのものです。
そうした反応をしてきたら「大丈夫だよ。今度会ってみる?」と一言いえば、アポ取りは成功します。

ただ、いきなりそうした話にならないときは、成功者に共通することを話します。
そして、相手に成功者に対する興味をもたせるようにするのです。

とにかく、既にネットワークビジネスを行っている人からアポ取りをするときには、
そとの世界を見ることの重要性や楽しみを実感させるようにするとよいでしょう。

このように、ネットワークビジネスでアポ取りをするときには、
相手のタイプ別にアプローチ方法を変えることが大切です。
ぜひ今回の内容を参考にして、アポ取りに生かすようにしてみてください。

カテゴリー: MLM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です