ネットワークビジネスのアポ取りに役立つ人間心理

投稿者: | 2017年8月5日

会社員が副業でネットワークビジネスするときに、最初に壁に当たるのがアポ取りです。
アポ取りが上手くいかなければネットワークビジネスで稼ぐことはできないため、アポ取りはとても重要です。

ただ、アポ取りはむやみやたらに知人に声をかけていても無駄です。
そうしたこうどうは、ただ怪しく思われるだけであり、全く成功にはつながりません。

アポ取りをするときには、必ず相手の心理を考えた上で行動することが重要です。
人間の心理を考慮したアポ取りを行えば、結果が出る確率は格段に高くなります。

今日は、そうしたアポ取りに役立つ人間心理について書きます。

アポ取りに役立つ人間心理

まずネットワークビジネスのアポ取りをするときには、相手から心を開いてもらわなければいけません。
もちろん、いつも会っているような親族や友達であれば、最初から信頼関係ができているため問題ないかもしれません。

ただ、そうした場合でもさらに相手の心理を考えることで心を開いてくれることになるのです。

例えば、基本的に話をするときには、相手が関心を持っていることを話します。
人間は、自分の関心があることにしか興味をもっていません。
ですので、そうした興味・関心があることを話題にしてくれる人を好みます。

そのため、あなたがまずやるべきことは相手が興味・関心をもっていることを見抜くことだといえます。

例えば、何気ない会話から、相手が将来の年金のことについて心配していたことがわかりました。
そうした場合には、最初に年金は不安定だという話から、
ネットワークビジネスで収入を作っておけば年金に頼らなくても安心して生活できるという話にもっていきます。

そうすることで、相手はネットワークビジネスの話を興味深く聞いてくれることになるのです。

相手の話を真剣に聞く

また、基本的にアポ取り中は相手を褒めるようにしましょう。人間は、自分に興味・関心をもってくれる人に対して好感を抱きます。
そのため、心の底から相手を褒めることで、あなたの話を真剣に聞いてくれるようになるのです。

さらに、褒めるということは、相手の存在意義を認めてあげることにつながります。
人間は、自分が生きている価値をはっきりと意識できるようになりたいという願望をもっています。
なので、あなたが褒めて相手に重要感をもたせることで、相手はあなたのことを信頼してくれるようになるのです。

加えると、相手はあなたの見た目からも信頼度を判断します。
例えば、姿勢が良い、靴がきれいといったちょっとしたことが相手からの信頼性を高めることにつながるのです。

そして、ここからがさらに人間の心理を考えてアポ取りを説明していきます。

人間の心理を考えたアポ取り

アポ取りは、いってしまえば相手から「イエス」を引き出すことが重要になります。
ネットワークビジネスの話を聞くことに対して、相手にイエスといわせれば、
とりあえずアポ取りは成功です。

人間は、最初の返事でイエスというと、あとからの返事もイエスと答えるようになる傾向にあります。

例えば、何気ない会話をしているときに、最初に「今日は暑いと思いますよね?」と尋ねられて、「はい」と答えてしまうと、
その後に全く関係ないような質問に対してもイエスと答えてしまいがちになるのです。

このことをアポ取り中にも応用します。

最初の問いかけを、絶対に相手がイエスというような質問にするのです。
例えば、相手がお金に不安を抱えていることがわかっているのであれば、「今の日本じゃ、今後どうなるか心配ですよね?」というような質問をします。

そして最初に相手からイエスという言葉を引き出すことができれば、
反射的に「ネットワークビジネスの話も聞いてみたいと思いませんか?」という問いに「イエス」と答えてもらいやすくなるのです。

こうした心理を理解しておけば、最初に相手が「ノー」と答えるような質問はしないはずです。

相手に選択させる

そして最後に、相手に選択させるということが大切です。

ネットワークビジネスでアポ取りをしている人の中には、
どうにかしてアポ取りを成功させよう意気込んで、相手から無理やりアポ取りをしようとします。

はっきりいって、人間は他人から強要されるほど他人の意見に反発しようとします。

考えてみてください。あなたが洋服を買いにいったときに、
ショップの店員がしつこく着いてきて、あなたが買いたいとも思っていないような洋服をずっとおススメしてきたらどう感じるでしょうか。

普通の人であれば、「この店で買いたくない」と思うだけでなく、
二度と来ないようにしようと思うはずです。

そうではなくて、相手に選択させるようにすると、相手は自然と行動するようになるのです。

例えばネットワークビジネスであれば、「将来のお金に不安があるよね」「じゃあ、やっぱり副業とかが大事だよね」というように、
あなたは促すだけで良いのです。
そうすれば、相手は自分で、「そうだね。それならネットワークビジネスは良いかもしれない」というように、自分で選択するようになるのです。

このように、ネットワークビジネスでアポ取りをするときは、
人間の心理を考えてアポ取りすることが大切です。

心理なんか有効なのか?と思う人もいると思います。
ただ、私自身が実際に経験してきた中で、心理を考えたアポ取りをした方が断然アポ取りは上手くいくようになりました。

ぜひこれを機会に、人間の心理を考えたアポ取りを行うようにしてみてください。

カテゴリー: MLM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です